Strike Anywhere(ストライク・エニウェア)は、アメリカ・バージニア・リッチモンド出身のメロディック・ハードコア・パンク・バンド。1999年にThomas Barnett(Vo.)、Matt Smith(Gt.)、Garth Petrie(Ba.)、Eric Kane(Dr.)、Matt Sherwood(Gt.)の5人によって結成された。翌年の2000年に6曲入りのEP『Chorus of One』をリリースしてデビュー。

 2001年にはJade Treeに移籍して1stアルバム『Change is a Sound』を、2003年には2ndアルバム『Exit English』をリリース。その後、初めてのジャパン・ツアーが行われる予定だったが、メンバー数人が入国を許されず、結果的にドタキャン。日本のファンは涙を呑んだ。しかし2年後の2005年、コンピレーション・アルバム『To Live in Discontent』を発表後にジャパン・ツアーに再挑戦。リベンジを果たした。

 2006年、5年間行動を共にしたJade Treeに別れを告げ、Fat Wreck Chordsに移籍。同年3rdアルバム『Dead FM』を発表。翌年にはオリジナル・メンバーのギタリスト・Matt Sherwoodが脱退し、新たにMark Millerを迎え入れた。さらに2009年にはBridge Nineに移籍。3年ぶりのフルアルバム『Iron Front』をリリースしている。

 反戦、女性・同性愛者の権利、動物愛護などをテーマに、ポリティカル色の強い楽曲を多く発表している。

Music Video

Iron Front』収録の「I'm Your Opposite Number」

Members

Album

Change Is a Sound(2001)

1stアルバム。後年のアルバムと比べるとメロディと疾走感に欠けるきらいがあり、パワーもあまり感じられない。個人的には中途半端なメロコアという印象が強いが、初期からのファンには人気がある1作。

Hot!

Exit English(2003)

2ndアルバム。前作から一転してメロディ、力強さ、攻撃性が格段に強くなった良作。初期ファンには1stに軍配をあげる人もいるが、個人的には「初めて買った洋楽CD」という思い出補正もあってこちらを推す。

Compilation Album

To Live in Discontent(2005)

1stアルバム以前に発表されたEP音源やカヴァー曲を収録したコンピレーションアルバム。

last up:2018/11/01