Cobra Skulls(コブラ・スカルズ)は、2005年にアメリカ・ネバダで結成されたパンク・バンド。オリジナル・メンバーはDevin Peralta(Vo.,Ba.)、Charlie Parker(Gt.)、Chad Cleveland(Dr.)。結成したその年に自主制作EP『Eat Your Babies』を発表。翌年にはRed Scareに移籍し、2nd EP『Draw Muhammad』を発表。2007年には1stアルバム『Sitting Army』をリリースしてアルバム・デビュー。

 その後ギタリストのParkerが脱退し、新たにAdam Beck(Gt.)が加入。2009年には新体制で2ndアルバム『American Rubicon』を発表。2010年には自身のMySpaceにてアメリカのパンク専門レーベルの大手・Fat Wreck ChordsのFat Mikeと曲を制作していることを報告。また、同年にはドラマーのClevelandが脱退し、新ドラマーとしてLuke Swarm(Dr.)を迎えていた。

 翌年の2011年にはFat Wreck ChordsからEP1枚と3rdアルバム『Agitations』をリリースするも、2013年には解散。最終的なメンバーはDevin Peralta(Vo.,Ba.)、Tony Teixeira(Gt.)、Luke Ray(Dr.)だった。彼らは2016年以降Boys on the Wall(ボーイズ・オン・ザ・ウォール)として活動している。

Music Video

Agitations』収録の「Eagle Eyes」

Members

Album

Agitations(2011)

ラストアルバム

last up:2018/12/05