The Peacocks

更新

The Peacocks(ピーコックス)は、スイス・ヴィンタートゥール出身のサイコビリー/ロカビリー・バンド。1990年にHas(Gt.)、Michi(Db.)、Adi(Dr.)の3人で結成。当初の活動は一時的なものですぐに解散したが、しばらくして再び活動することを決める。この時、ベーシストがMichiからHasの兄弟であるSimonに変更になっている。1995年にこのメンバーで1stアルバム『Come with Us』をリリースしてデビュー。しかしドラマーのAdiが間も無く脱退したため、新しくDavidが加入。このDavidもHasとSimonの兄弟であり、バンドは兄弟で固められることになった。

 その後、兄弟でアメリカとカナダでのツアーを決行。ツアーは成功したが、ドラマーのDavidがツアー終了後に脱退したため、バンドはふたたびメンバー・チェンジを迫られる。新たに迎えられたのはToniという人物だった。アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、そして日本などでライヴを行いながら、1998年に2ndアルバム『In Without Knockin'』、2001年に3rdアルバム『Angel』を発表。『Angel』は日本のTV Freak Recordsから日本盤も発売された。

 2002年、またしてもバンドはメンバー・チェンジを余儀無くされる。ドラマーのToniが妻子を支えるためにべつの仕事に就くことを決めたからだ。彼に変わって加入したのはJürgだった。めまぐるしいメンバー・チェンジを行ってきたバンドだが、Jürgが加入してからはようやく落ち着き、このメンバーで20年以上に渡って活動を続けている。

Music Video

Touch and Go』収録の「Gimme More」

Members

Album

Come with Us(1995)

デビュー・アルバム

ANGEL(2001)

ロカビリー×ポップ・パンクという感じのサウンドで、サイコの要素は薄い感じがする。サイコよりもロカビリーやポップ・パンクにある爽やかさを求めている人にオススメ。

Contents