The Living End(リヴィング・エンド)は、オーストラリアのメルボルン出身のロカビリー/パンカビリー・バンド。1992年に学友だったChris(Vo.,Gt.)、Scott(Db.)、Joe(Dr.)の3人で結成。複数の学校やクラブを舞台にライヴ活動を行ったのち、1995年に1st EP『Hellbound』をリリースしてデビューを飾った。翌年、破竹の勢いで世界に名を広めていたアメリカのパンク・バンド・Green Dayのオーストラリア・ツアーのサポーティング・アクトに選出されたのをきっかけに注目を浴びる。

 1997年にもBlink-182やRancidらのライヴに参加するなど知名度を上げていくが、中でも彼らの名をオーストラリア中に轟かせる決定打となったのは、同年末に発表した3rd EP『Second Solution / Prisoner of Society』であった。ドラマーのメンバー・チェンジ(Joe→Travis)後に発表された同作は、1998年の3月から14週間連続で全豪チャートNo.1を獲得する爆発的ヒットを記録。1999年には満を持して1stアルバム『The Living End』をリリース。現在ではオーストラリアに留まらず世界的な人気を獲得している。

Members

Album

Living End(1999)

デビュー・アルバム。"Stray Cats meets Green Day"とは言い得て妙だが、どちらかと言えば後者寄りの音か。スラップは控えめなので好みは分かれそう。ポップパンクファンはハマるかも。

last up:2018/12/15