Guana Batz(グアナ・バッツ)は、イギリス・フェルサム出身のサイコビリーバンド。1982年にPip Hancox(Vo.)、Stuart Osborne(Gt.)、Mick Wigfall(Db.)、Dave 'Diddle' Turner(Dr.)の4人で結成。翌年の1月にはFeltham Football ClubでKing Kurtのサポート役としてギグ・デビュー。

 それから間もなく、ベーシストがWigfallからMick White(Ba.)にチェンジ。WhiteはThe Meteorsでエレキ・ベースをプレイしていた人物で、彼の加入に伴ってベースもウッドからエレキになった。メンバー・チェンジ後、Big Beat Recordsから1stシングル『You're so Fine』を発表。続く1984年にも2ndシングル『The Cave』をリリースしたほか、新人アーティストの登竜門的な存在であったラジオ番組『Peel Sessions』や、伝説のサイコビリー・イベント『Klub Foot』に出演するなどして知名度を上げていく。しかし同じ頃、ベースのWhiteが脱退。新しく加入したのはRicochetsというバンドでウッド・ベースを弾いていたSam Sardi(Db.)で、バンドのベースはふたたびウッドに戻っている。また、WhiteとともにドラマーのDiddleも脱退したが、これは一時的なもので、彼はすぐにバンドに復帰した。彼が抜けていた間はSardiと同じくRicochetsのメンバーだったSteve 'Ginger' Meadham(Dr.)が穴を埋めていた。

 1985年、Pip Hancox(Vo.)、Stuart Osborne(Gt.)、Sam Sardi(Db.)、Dave 'Diddle' Turner(Dr.)という顔ぶれになったGuana Batzは、I.D. Recordsと契約。同年に発表した1stアルバム『Held Down to Vinyl... at Last!』は、当時のイギリスのインディ・チャートで1位を獲得する快挙を達成。リリースから30年以上の月日が経った現在でも、“サイコビリー史上の名盤のひとつ”として語られる傑作となった。

Members

 アメリカではPip(Vo.)、Johnny(Db.)、Gino(Gt.)、Jared(Dr.)で活動している模様。オリジナルメンバーのDiddleは2001年に死去した。

Album

※スタジオ・アルバムのみ

Get Around / Shake it Up(1994)

アルバム『Get Around』にEP『Shake it Up』からライヴ音源を追加したもの

last up:2018/11/09