怪物團(フリークス)

公開

あらすじ:見世物小屋に並んだ箱のひとつに案内された訪問者たち。中を覗き込んだ女性は思わず悲鳴を上げ、目を逸らす。そこにいたのは、かつてサーカス団で空中ブランコの達人として活躍していたクレオパトラという女性だった。一国の王子を恋の病に落とすほどの美貌を持ち、美しく宙を舞う姿から“空中の孔雀”の異名を持った彼女が、なぜこのような狭い箱の中にいるのか? その理由は、クレオパトラが過去に犯した過ちにあった——。1932年の公開当時、小人症や下半身欠損者など実在する見世物小屋の芸人たちが出演したことで物議を醸しながら、現在に至るまでカルト的な人気を獲得している究極の問題作。

世紀の問題作の中に輝く女優を見た

 映画黎明期から活動していた映画監督・トッド・ブラウニングによる1作。『怪物團』は公開当時につけられた邦題で、現在では原題を直訳した『フリークス』と呼ばれるのが一般的なようだ。私がこの映画を知ったのはドイツのバンド・Mad Sinの8thアルバム『Survival of the Sickest!』の収録曲「Psycho Sideshow」がきっかけ。ライナーノーツによれば、同曲は『怪物團』に影響を受けて作られたものらしい。

 映画の舞台はとあるサーカス団。健常者による超人芸のみならず、障害を披露する見世物小屋としての側面もある一座だった。団員のひとりであるハンス(ハリー・アールス)は極端に背が低い小人症。同じく小人症の同僚・フリーダ(デイジー・アールス)と婚約しているが、健常者の同僚・クレオパトラ(オルガ・バクラノヴァ)に惹かれてもいた。クレオパトラは障害を持つ人を軽蔑しているが、ハンスが莫大な資産を持っていると知ると、彼と結婚して資産を手に入れたあと、彼を殺害して恋仲にあるヘラクレス(ヘンリー・ヴァクター)と山分けする計画を立てる。

 サーカス団の設定のせいか登場人物が結構な数なので、最初はちょっと頭がしんどい感じ。とりあえず重要な役だけ覚えようにしても観賞途中じゃ誰が重要なポジションなのかわからないし。これはAmazon Primeのサムネイル(このページのトップに貼ってある画像)にも問題がある。この画像にいるのはクレオパトラとハーフ・ボーイ(ジョニー・エック)だけど、本編でのハーフ・ボーイは端役なんだよ。本編観る前にこんな画像見たらハーフ・ボーイが主演だと思うじゃん?(笑)びっくりだよね。ほんとにちょっとしか出ないんだ。

 話のテンポはあまり良くなく、特に序盤は障害者を映しているだけな映像がダラダラ続くため、まあまあ退屈。障害者が映っているだけでうわ〜ってなる時代もあったのかもしれないけど、今はそういう時代でもないし、私もイイ歳なので、それだけだと何のインパクトもない。

 もちろん、現在でも障害者への偏見や差別がゼロになったわけではない。恥ずかしいけれど、私だってそうだ。例えば何年か前に街を歩いていたら杖をついている人とすれ違ったんだけど、直後に違和感を覚えて振り返ったら、その人には片足がなかったのだ。その時は自分の中にある障害者への偏った目が浮き彫りになった気がした。そんな未熟な私でも『怪物團』は「障害者がいっぱい映ってるだけじゃん」とあくびが出たぐらい退屈だった。

 終盤になるとそこそこ盛り上がりはあるが、その先にあるオチがツッコミどころ満載だ。障害を見下した罰として見世物小屋に流されるような身体にされるってチグハグじゃん。結局障害は罰なのかよ!? と。そもそも、ああいう半人半鳥みたいな姿になれるもんなのか? とか。ここで普通の障害者にさせたらほんとに障害=罰って感じが強くなるからあえてファンタジックにしたのかもしれないけど、それにしても非現実的すぎてサムい。ギャグでやってるならスベってる感じ。

 公開直後はかなり批判された作品らしく、以後数十年間、複数の国で上映禁止令が出されたという。そういう経緯から“不謹慎ムービー”みたいなものを期待する人もいるかもしれないけれど、私は不謹慎な感じも特に覚えなかった。差別的な言動はままあるが、基本的に醜悪に映されているので。ないかなあと思うのは障害者を怪物呼ばわりしている点ぐらいで、それ以外なら今でも障害を題材とした作品にはこういう描写も出るかなという感じ。それは社会が進歩していない証でもあるのかもしれないけど。ともかく不謹慎さを求めて手を出してもなんか違うと思うかもしれない。

 そんなこんなで不満は多いけれど、役者はみな活き活きと演技していて、そこにはかなりの好感を持った。特にフリーダ役のデイジー・アールスはとてもイイ! ハンスとクレオパトラの結婚披露宴で花嫁と隣同士に座っている元婚約者に向けている彼女の眼差しにはグッとくる。そこからはあくまで自分が裏切られたことへの失望感ではなく、不誠実さしかないクレオパトラと契りを結んでしまったハンスを思いやる感情が溢れている。この優しく悲しい表情は映画史上でも最高のもののひとつなんじゃないかってくらい。

 この披露宴の前には、クレオパトラへの愛ゆえにハンスがフリーダに別れを告げる場面がある。そこでのフリーダもすごくイイんです。許してくれと言うハンスに対して、首元のスカーフを指先でいじりながらもちろん許すわ 私が望むのは あなたの幸せだものと言って静かに彼に背を向けたあと、僕のことは心配しないでと声をかけられた時に首を横に振る仕草ったら、もう。後ろを向いているのに感情がビシビシ伝わってくるんだよ。直前にはフロゾ(ウォーレス・フォード)とビーナス(リーラ・ハイアムス)、ロジャース(ディミートリアス・アレクシス)とバイオレット(ヴァイオレット・ハミルトン)がそれぞれ結ばれており、幸せそうな2組のカップルとの対比が効いて、一層切ない。

 前述した障害者=怪物って描写や、障害者なら小人症でも欠損者でも分かり合えるみたいな雑な障害者のくくり方には確かに難があって、そこらは価値観が古いし今でも問題になる点だと思うけど、めちゃくちゃ不謹慎なものが観られるとか、ブラック・ジョーク的な笑いを求めると「なんだ、こんなもんか」ぐらいに思うかも。普通に映画として観ても可もなく不可もなくといった感じ。でもフリーダの演技はほんとに良いので、これは一見の価値アリだと思います。『オズの魔法使』にも出ているらしいから観てみようかな。

 ちなみにフリーダ役とハンス役のふたりは実の兄弟らしい。兄弟で恋人を演じるのってどんな感じなんだろうね?

Survival of the Sickest!(2002)

『怪物團』にインスパイアされた楽曲「Psycho Sideshow」収録

New Entries