私は告白する

更新

あらすじ:カトリックの神父・ローガンは教会で働くドイツ移民のケラーから人を殺めたと告白される。生活が苦しく、知人のビレット宅に盗みに入ったところ口論になったためだという。彼は現場から立ち去るところを通行人に見られたが、法衣で変装していたことから警察は神父による犯行との見方を強める。容疑者のひとりとなったローガンに“告白を他言してはならない”という宗教の掟が重くのしかかっていく。

ストーリー

メイキング

『私は告白する』の原作は、1902年にフランスの作家・ポール・アンテルメが執筆した戯曲『わが二つの良心』である。アンテルメの死後、劇作家のルイ・ヴェルヌイエが作品の権利を買い取って映画用の草稿に手直しし、ヒッチコックに売り渡した。その後長らく手付かずのままだったが、1952年2月にヒッチコックの妻のアルマがこの作品に再注目したことから映画化計画が始まった。

 主演は『陽のあたる場所』などで知られていた美男子・モンゴメリー・クリフトに決まり、その相手役にはスウェーデンの女優・アニタ・ビョルクが候補に上がった。ビョルクはアルフ・シューベルイの映画『令嬢ジュリー』に出演して国際的な評価を得ており、ヒッチコックは本作で彼女を使いたがっていた。ワーナー・ブラザース(以下・WB)は彼の希望に応えるべく、ビョルクをスウェーデンから呼び寄せた。

 だが、彼女と対面した瞬間、WBもヒッチコックも考えを改めざるを得なくなった。彼女の胸には赤子が、そして隣には赤子の父親で彼女の不倫相手でもある愛人がいたからだ。その姿は、夫と娘を捨ててイタリアの映画監督・ロベルト・ロッセリーニと駆け落ちした女優・イングリッド・バーグマンと完全に重なっていた。バーグマンの不貞スキャンダルは全米中の顰蹙を買い、彼女は数年に渡ってキャリアを断たれてしまった。その余波は本作制作当時も残っており、バーグマン事件の二の舞を恐れたWBはビョルクの起用に反対。ヒッチコックもそれに従った。奇しくも、バーグマンとビョルクは同郷であった。

 新たにヒロインを演じることになったのは『剃刀の刃』でアカデミー助演女優賞を受賞していたアン・バクスターだった。バクスターはヒッチコックの映画『救命艇』に出演したジョン・ホディアクの妻で、プライベートでもヒッチコックと親交を持っていた女優だったが、ヒッチコックは女優としてのバクスターをあまり評価していなかったため、この変更には喜びを感じなかった。しかし撮影に入ると、ヒッチコックを苛立たせたのはバクスターよりもクリフトの方だった。彼はヒッチコックが嫌っていたメソッド演技(※内面から役の人物になりきることを美徳とした演技)派の役者だったし、自分の演技コーチだったミラ・ロストーヴァのことばかり気にするので、ヒッチコックは疲れてしまった。

 完成した映画は1953年2月に公開された。アメリカやイギリスでの評価はイマイチだった反面、ヌーヴェルヴァーグの批評家の間での評価は高く、興業的な失敗も免れた。

逸話

カメオ出演シーン

管理人より

 ヒッチコックはサスペンスに専念する以前はメロドラマのようなストーリーを題材に作品を撮ることが多かった。本作はその名残とヒッチコック最盛期のサスペンス性を兼ね備えたかのような内容になっている。しかしメインテーマである宗教とメロドラマの要素があまり溶け合っていないきらいがあり、サスペンスとしてもラブロマンスとしても多少中途半端な印象を覚えるのは否めない。

 ヒッチコック本人もこの映画の出来に満足していなかったらしく、一般的な評価も高いとはいいがたい。しかし私はこの映画に対してなかなかの愛着を感じている。モンゴメリー・クリフトとアン・バクスターの美男美女からなるロマンスは観ているこちらが恥ずかしくなるくらいにロマンチックだし、“カトリック(宗教)の掟”を活かしたサスペンスも見事な出来映えだからである。とくにクリフトと十字架が交互に映るカットは、ヒッチコックらしさが全開で素晴らしい。

 ほかの傑作の影に隠れがちではあるものの決して駄作ではないので、ヒッチコック・ファンはもちろんサスペンス好きの方にもぜひともおすすめしたい1本だ。

スタッフ&キャスト

配役

私は告白する [Blu-ray]

オフィシャルBlu-ray(DVDも有)

Contents