その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
 ポイントサービスが当たり前になった今、複数のサービスでポイントを貯めている人も多いだろう。しかし、そのポイントが実質2倍になるサイトがあることを知る人は少ないかもしれない。そうしたサイトは「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」などと呼ばれる。今回はその代表格であるハピタスをベースに「ポイントサイト」について解説していく。

ポイントサイト(お小遣いサイト)とは

 ポイントサイトとは、サイトに掲載されているリンクからサービスを利用することでポイントが貰える会員制のサイトを指す。例えば「ハピタス」には以下のようなサービスへのリンクが貼られている。

 そのほかにも、クレジットカード発行会社や、ペット関連の企業などのサービスがポイントサイトに参加している。ポイントサイトを経由してこれらのサービスを利用すると、現金・電子マネーなどに変えられるポイントを得ることができる。「ハピタス」でいうところの「ハピタスポイント」では、以下のようなものに変えられる。

 なぜサイトのリンクを経由してサービスを利用しただけで、現金や電子マネーに変えられるポイントが貰えるのか? これは、ポイントサイトが各サービスの広告の役目を果たしているからである。ポイントを貯めている人ならわかると思うが、自分がポイントカードを保有している店としていない店だと、保有している店の方が利用するハードルが低くなりがちだ。同じ値段で同じ物が売られている場合はもちろんだが、多少高い値で売っていても「ポイント還元があればプラマイゼロに近い」と判断したり。ポイントサイトの会員も同様で、入会しているポイントサイトに掲載していないサービスよりも、掲載しているサービスの方が利用したいという気持ちが湧いてくるのだ。つまり、ポイントサイトに加盟しているということは、それだけで顧客を確保できる可能性が高くなるのである。

 そしてここからが最大のキモだが、実際にポイントサイト経由でサービスを利用したユーザーがいた場合、サービスを提供している企業はポイントサイトに謝礼金を支払うことになる。謝礼金というか、広告料と言うのが正しいか。で、ポイントサイトは、企業から受け取った広告料のうちの数%を、サービスを利用した会員のユーザーにポイントとして還元している。このポイントが「ハピタス」における「ハピタスポイント」なわけですね。

 また、ポイントサイトのポイントと各サービスのポイントが独立しているのもポイントサイトの特徴だ。例えばハピタスを経由して楽天のサービスを利用した場合、ハピタスポイントと同時に楽天スーパーポイントも手に入る仕組みになっている。ハピタスポイントは楽天スーパーポイントに変えることも可能なので、実質楽天スーパーポイントが2倍貰えることになるのだ。これは節約の強い味方と言えよう。

 ポイントサイトに参加しているサービスは、各ポイントサイトで確認することが可能だ。いずれも閲覧だけなら入会する必要は無いため、普段から利用しているサイトの有無、ポイント還元率の確認をして、自分に最適なポイントサイトを見つけることをお勧めする。

ポイントサイトの例

※筆者が実際に利用し、安全を確認したサイトのみ掲載しています。

last up:2018/11/25