あらすじ:火曜日のロンドンを舞台にした連続殺人事件は、ついに7人目の犠牲者を生んだ。巻き毛のブロンド女性ばかりを狙う“復讐鬼”は、目撃証言によって顔の半分をマフラーで隠した長身の人物であると判明。巻き毛のブロンド娘・デイジーの実家が営む下宿屋に訪れた男性は、まさにその証言にぴたりと当てはまっていた。

全あらすじ(ネタバレ含)を表示

メイキング

 1926年4月、ヒッチコックは映画プロデューサーのマイケル・バルコンからベロック・ローンズの小説『下宿人』の映画化を持ちかけられる。5月に入る頃には早くも脚本や役者、舞台美術が揃い、撮影が開始された。主演には当時人気俳優だったイヴォー・ノヴェロ、その相手役にはマイナー映画を中心に活動していた女優・ジューンが抜擢される。撮影は7月上旬には終了、8月には彩色作業が実施され映画は完成した。

 しかし翌月に開かれた配給業者向けの試写会では芳しい反応を得られず、配給にストップがかかった。1万2000ポンドをかけたこの映画をどうしても上映したかったバルコンは、優れた批評眼を持つことで知られていた字幕翻訳者・イヴォール・モンタギューに編集を依頼。モンタギューは一部シーンの撮り直しと字幕の削減・デザインの変更といった編集を施したが、『下宿人』は元々優れた映画であり、編集はあくまで映画本来が持つ魅力を引き立たせるためのものだと語ったという。

 考編集を経た『下宿人』は報道者向けの試写会にかけられ、大きな評価を得た。バイオスコープ誌に至っては「イギリス映画史上の最大傑作」と評したほどだった。1927年2月に一般公開されると、映画館の前には『下宿人』を目当てにした長蛇の列が朝から晩まで見られるようになった。アルフレッド・ヒッチコックの名がイギリス中に広まった瞬間だった。

逸話

カメオ出演シーンを表示

管理人より

 ヒッチコック初のサスペンスフィルム。彼がサイレントの形式で撮ったサスペンスは後にも先にもこの1作だけだ。そのせいかヒッチコッキアンのあいだでも評価が高いが、やはり監督の座について1年という期間で撮られたこともあり、のちの傑作と比較すると未熟さを感じる部分が多いのも否めない。とくにヒッチコックの十八番であるサスペンス性と疾走感の欠如には寂しいものがある。

 正直にいえば現在傑作として残っているサイレント映画のなかでは目を見張るほどの出来ではないと思うし、サスペンスという点に絞ってもフリッツ・ラングの『ドクトル・マブゼ』や『スピオーネ』のほうが質が高い。個人的にはヒッチコックファンのための映画という感じで、ヒッチコックに関心がない人には少しおすすめしがたい映画だと思う。

 本作は著作権切れとなっており、動画共有サイトで無償で観ることもできます。サイレント映画でセリフはすべて字幕で出てくるため、英語が苦手な人でも辞書を片手に観ればなんとかなるので、興味のある人は探してみて下さい。

last up:2016/09/03