ゲーム概要:イメージエポックが開発したニンテンドーDS用のゲームソフト。怪物を使って人々を襲い世界の平和を乱そうとする者たちと、世界を守る使命を持ったガーデンチャイルドたちの戦いを描いたシミュレーション型アクションRPG。石田彰や折笠富美子を始めとした著名な声優陣がCVを担当している。

色々と中途半端なゲーム

 2007年に発売されたもので、以前プレイした『Steal Princess—盗賊皇女—』と同じ会社——その前身?——から出ている。開発元は異なるものの、OPアニメーションとクオータービューの採用、痒いところに手が届かない微妙な操作性、中途半端なキャラクターなど、似通った点はかなり多い。

 まず困ったのは戦闘画面。攻撃時に技を選択すると技の有効範囲がフィールドに赤く表示されるようになっているのだが、カメラアングルがクオータービューで固定されているため、敵・味方がダンゴ状態になるとどこまでが有効範囲なのか非常にわかりづらくなる。攻撃・回復はなぜか敵・味方関係なく行えるので、うっかり味方を攻撃してしまったり、誤って敵を全快させてしまうこともあった。ちゃんと確認を心がけていれば避けられる事態ではあるけど、もう少し目視しやすい工夫がほしかった。

 操作はタッチペンとボタン操作のふたつに対応している。タッチペンを選択した場合、前述したように戦闘画面ではフィールドが隠れることが多いので、移動場所や攻撃範囲を的確に選択しづらい。反対にボタン操作を選択した場合、マップ移動時の反応が微妙に鈍くて思った方向に進めないことがあったりする。結局どっちを選んでも不満が出てくるという中途半端さ。『Steal—』の時も思ったけれど「タッチペンとボタンどちらでも遊べます」ってタイプは両方で気持ち良く遊べる動作を目指すあまり、どっちつかずな感じになってしまうのかな。

 『ルミナスアーク』の攻撃の中にはふたり以上のキャラクターが力を合わせて発動する「シンフォニズム」というものがある。ゲーム中の最大の必殺技ゆえに、いくつかの発動条件がある。そのひとつが「フラッシュポイント」と呼ばれるゲージを満タンにすることだ。攻撃や回復などの技を繰り出すことで地道にたまっていくのだが、「シンフォニズム」を使用する際はタッグを組むキャラクター全員のゲージを満タンにする必要があるので、なかなか技を繰り出せる状態にまでならない。というか、それまでに敵陣が全滅しちゃうんだよね(笑)。

 さらにこのゲージは、満タンにしなくてもある程度貯めれば「フラッシュドライブ」という小技が使えるようになる。全体的な威力はシンフォニズムより低いし発動させるとゲージが減ってしまうけれど、敵を倒すには充分なパワーがあるから、こっちの方が断然使える。「シンフォニズム」と違って単体のゲージを満タンにすればいいだけだから楽だし。この微妙な使い勝手のおかげで「シンフォニズム」はほとんど使わなかった。ラスボスですら使わなかったもん。

 キャラクターもなんだか微妙で、メイドとして登場する理由が希薄なルーシャ、仲のよさをアピールするけれどその理由がよくわからないセシルとサキ、シンフォニズムでコンビを組む理由がわからないレオンとニコラ、キングストンの不振な動きに気づきながら彼の命令に馬鹿正直に従って500人の部下を集めて全滅させるヒースなど、入り込めない設定ばかりが目につく。キャラクターがシナリオの都合通りに動いているようで、個々の魅力を活かしきれていない印象が強い。基本的な設定を作ったはいいが、奥行きを深める前に世に出してしまった感じがある。

 また、このゲームではアイテムを強化できる「錬成」なるシステムがある。複数のアイテムを組み合わせて行うもので、組み合わせによってはレア・アイテムを生み出すことができるのだが、アイテムの数が多すぎて考えるのが面倒くさい。さらに錬成を行える場所はマップ上で1ヶ所だけだから、いちいち移動しなければいけないのもまた面倒。『ドラゴンクエスト』シリーズにおけるルーラみたいな移動呪文があればいいんだけど、そんなものはないし。だから錬成はほぼ使わずに話を進めたけれどそれでも勝てた。このシステムいるのか?

 あとOPムービーをDSで採用するのはやめたほうがいいなと思った。これは『Steal—』の時も思ったけど、やたら気合の入ったアニメーションを作っても絵が潰れちゃったら意味ないよね。作った方からしても面白くないと思うんだけど、何の目的があってこんなOP作るんだろ。色々とよくわからないゲームだった。

last up:2017/07/08